LOADING

【防災士ママブログ】ピオまめ|防災グッズやリュック中身は?災害防災対策等、大切な家族を守るために必要な知識を発信中!

災害時に頭を守る【防災頭巾】の特徴やヘルメットとの違いを紹介

地震などの災害が起こった時に備えて用意しておきたい防災グッズにはさまざまなものがあります。非常食や水、ライト、電池など避難生活で使えるアイテムも大切ですが、自分の身を守る防災グッズも欠かせません。特に防災頭巾は頭のケガを防止するのに役立ちます。

そこで今回は、防災頭巾について紹介します。防災頭巾の特徴やどんな場合に役立つのかについて解説するほか、防災ヘルメットとの違いについても紹介します。これから防災頭巾の用意を検討している人は、ぜひチェックしてください。

災害時の落下物や炎から頭を守る【防災頭巾】

防災頭巾とは災害時の落下物から頭部を守るため、頭にかぶって使用する簡易的な防災グッズ。そもそも防災頭巾とは、1970年代から提唱され始めた東海地震への備えとして、太平洋戦争末期に用いられた防空頭巾を原型として広まり、今では防災用品として馴染みのあるものとなりました。2枚の布を張り合わせて中に綿などの緩衝材をつめ、頭にかぶる形状になっています。
表面生地や中綿に特殊繊維を使用したものが多く、難燃素材なら燃えにくいので火災の避難時にも役立ちます。

子どもの頃に親に作ってもらったことがある方は、防災頭巾に親しみがあるのではないでしょうか。保育園、幼稚園や小学校では入園・入学の際に用意する場合もありますが、これは地域や学校園によって違いがあるようです。学校や園で防災頭巾を使う場合、普段は椅子に装着して座布団や背当てクッションとして活用することもできます。かさばらず、普段使いしながら災害発生時にはすぐ手に取れるという点がメリットです。

【防災頭巾の特徴】どんな危険から頭を守れる?

防災頭巾は軽量な落下物や火災の火の粉から頭部を守るために使用する防災グッズです。飛散したガラス片や落下した電球、本などが頭に当たった際のケガ防止に役立つので、比較的軽量な落下物が多い屋内で活用できそうです。
重量のある落下物や強い衝撃などに対しては不十分なため、簡易的な防災グッズであるといえるでしょう。

そんな防災頭巾にはさまざまな商品があり、「燃えにくい素材を使用」などと書かれたものも多いです。特に日本防炎協会による認定を受けていれば、その防炎性能にも安心感があるので注目しておきましょう。

また、防災頭巾は肩口までカバーできるため、頭だけでなく顔や耳、首などを守ることも可能です。炎が髪の毛に移ったり、ガラス片が耳や顔に当たったりするのを防ぐ効果もあります。そのため、落下物によるケガ防止のほかに、火災時にも大きく役立つ防災グッズです。

【頭を守る防災グッズ】防災頭巾と防災ヘルメットの違いとは?

【頭を守る防災グッズ】防災頭巾と防災ヘルメットの違いとは?

頭を守る防災グッズにはヘルメットもある

地震などの災害時に頭を守るための防災グッズは、防災頭巾のほかに防災ヘルメットもあります。布製品である防災頭巾と違い、防災ヘルメットは丈夫な素材でできているためより耐衝撃性が高いのが特徴。

重量のある落下物や強い衝撃から頭を守ることが可能です。地震によって落下してきた硬いものや角のあるものによるケガを防いだり、倒壊などによる衝撃を防いだりするのに役立つでしょう。

防災頭巾と防災ヘルメットの違いは【耐衝撃性】

防災頭巾と防災ヘルメットの違いは【耐衝撃性】

防災頭巾と防災ヘルメットは耐衝撃性に違いがあります。それぞれの衝撃吸収性の認定基準が異なっており、防災頭巾は「人型模型に防災頭巾をかぶせて5kgのおもりを10cmの高さから落下させ 、加わった衝撃が7.4kN以下であること」が日本防炎協会の認証基準になっています。

一方で防災ヘルメットは「人型模型に防災ヘルメットをかぶせて5kgのおもりを1mの高さから落下させ、加わった衝撃が4.9kN以下であること」が厚生労働省の検定基準とされています。それぞれの基準の違いから、防災ヘルメットの方が耐衝撃性に優れているといえますね。

高いところからの落下物など強い衝撃から頭を保護するためには、防災ヘルメットの方が向いているでしょう。しかし、防災頭巾なら肩口まで保護できるので、火災の時のやけど防止などに役立ちます。
以上のことから、防災頭巾は軽量な落下物や炎から肩口まで守ることができ、防災ヘルメットは強い衝撃や重たい落下物から頭部を守ることができるという違いがあります。

また、普段収納しておく際にヘルメットはかさばりやすく、防災頭巾はコンパクトになるというのも異なるポイント。近頃ではそんなかさばるヘルメットを収納しやすくした、折りたたみタイプも登場しています。

防災頭巾とヘルメットの特徴を知ってもしもに備えよう

今回は、災害時に頭部を守れる防災頭巾について紹介しました。防災頭巾は本などの軽量な落下物から頭を保護するのに役立つ簡易的な防災グッズ。肩口まで保護できるので、火災の際に火の粉から髪の毛や顔を守ることもできます。また、地域によっては園や学校などで子どもたちが用意することもあるようですね。

一方で防災ヘルメットは重たい落下物や強い衝撃から頭を守ることができる防災グッズ。防災頭巾と防災ヘルメットではそれぞれに違いがあるので、目的にあわせて選ぶことが大切です。
そこで次の記事では、防災頭巾とヘルメットの選び方について解説します。それぞれのメリット・デメリットも詳しく紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

関連記事