LOADING

都市部の大雪でも備えが必要!寒さ対策にも役立つピオマおすすめグッズを紹介

大雪が降ると道路で車が立ち往生したり、停電によって暖房器具が使えなくなったりとさまざまな被害が想定されます。特に都市部では雪に慣れていないので、在宅時も外出時も大雪によるトラブルが起こりやすいです。

そのため、地震や台風などの災害と同様に、大雪のための備えもしておくことが大切です。そこで今回は、大雪のために備えたいピオマおすすめグッズを紹介します。自宅に備蓄しておくのはもちろん、車に乗せておけば万が一道路で立ち往生した時にも役立ちます。大雪以外の災害でも役立つアイテムばかりなので、ぜひチェックしてみてください。

大雪のための備えはどんなものが必要?

都市部が大雪に見舞われると、鉄道の運休をはじめスリップ事故による渋滞や立ち往生、徒歩で移動した際に転倒してケガをするなど、さまざまな被害が起こって混乱することが少なくありません。そのため、大雪が降るとどんな危険があるのかよく知っておき、日ごろから備えをしておくことが大切です。

大雪のための備えでポイントとなるのは、寒さ対策です。大雪によって停電すると暖房器具が使えなくなってしまうこともあります。また、外出時に立ち往生したり帰宅困難になったりした場合も、寒さ対策をしているかどうかが重要になります。そのため、大雪のための備えは防寒対策に役立つものを中心に準備していくのがおすすめです。

大雪のために備えたいピオマおすすめアイテム4選

床からの冷えを軽減する【Pioma エアーマット】

Pioma エアーマット

こちらはストローで膨らませて使用する簡易ベッドです。3つに分割されていて、ホックでつなげることで横になる時のマットレスとして使うことができます。1つずつを座布団にしたり枕にしたりすることもできますよ。このマットは空気が入っているので、床の冷たさを伝えにくくするのが大きなポイント。

大雪によって外出先での避難が強いられる際、避難所の床に座ったり寝転がったりする場合の底冷えを軽減してくれるメリットがあります。また、車に積んでおけば、大雪で立ち往生した時の車中泊にも役立つでしょう。空気を抜けばコンパクトになるので、収納場所にも困りません。

いろいろなシーンの防寒対策に役立つ【エマージェンシーシート】

エマージェンシーシート

エマージェンシーシートは、保温性の高いアルミ素材の薄いシートです。このシートを体に巻き付けると、体からの熱を反射して暖かくなるのが特徴。大雪によって停電した際の防寒対策にぴったりで、防寒具や毛布の上から巻くだけで寒さを緩和することができます。車に備えておけば、大雪による立ち往生で車中泊する際の防寒対策にもなります。

徒歩や電車で帰宅困難になった場合も、防寒対策のほか地面に敷いてレジャーシート代わりにすることができます。軽量でコンパクトなのでバッグにも入れておきやすいのがメリット。車や会社のロッカーなどにも備えておくのがおすすめです。

一般的なものより長く保存できる【5年保存 常備用カイロ 貼らないタイプ】

5年保存 常備用カイロ 貼らないタイプ 10枚入り×24袋

簡単に寒さ対策できる備蓄アイテムといえば、使い捨てカイロがあげられます。ただし、一般的なカイロの使用期限は2~3年ほど。冬しか使わないアイテムなので、気づけば使用期限が切れていたということもあるのではないでしょうか。そんな時におすすめしたいのが、こちらの長期保管が可能な使い捨てカイロです。

使用期限が5年と一般的なカイロよりも長持ちするのがメリット。こまめに使用期限を確認する必要がなく、災害用の備えとしてぴったりです。大雪の際は、自宅にいる時も外出する時も寒さの備えをしておくことが大切です。携帯性に優れたカイロなら、在宅時も外出時も気軽に用意できてすぐに使えるので便利です。

車で立ち往生した場合の防寒対策としてはもちろん、電車が途中の駅で動かなくなり、帰宅困難になってしまった時にも役立ちます。もちろん、停電して暖房器具が使えない時も活用できますね。かさばらないので、冬の間はぜひバッグや車に用意しておきましょう。

除雪作業時も手を塞がない【充電式LEDヘッドライト】

充電式LEDヘッドライト

大雪に限らず、さまざまな災害によって停電した場合に備えて明かりを用意しておくことは大切です。こちらのヘッドライトは充電式なので、電池の備蓄がいらず小型軽量なのが便利なポイント。LEDで3段階の調光ができるため、停電時の帰宅対策などいろいろなシーンで役立つでしょう。

また、両手を空けられるヘッドライトなので、除雪の際も作業しやすいメリットがあります。車に積んでおけば、夜間に立ち往生した時にも便利です。暗闇の中マフラー周りを雪かきする場合も、ヘッドライトなら手をふさがずに済みますね。また、首にかけたまま横になることもできるため、停電中に眠る場合も起きた時にすぐ周囲を照らすことができます。

ピオマおすすめグッズで大雪のための備えをしておこう

ピオマおすすめグッズで大雪のための備えをしておこう

今回は、大雪が降った時の備えとしておすすめしたいピオマグッズを紹介しました。都市部で大雪に見舞われた時は、自宅の停電や車の立ち往生、鉄道の運休による帰宅困難などさまざまなトラブルが起こる可能性があります。大雪の際は寒さが特に厳しいため、防寒に役立つ備えが欠かせません。

保温シートやカイロなど、コンパクトで持ち運びやすい防寒グッズはぜひ普段のバッグにも入れておいて、いつでも使えるように備えておくのがおすすめです。また、車で移動することが多いなら、車中泊になる可能性も考えて備えを積んでおきましょう。
大雪による被害を軽減するためには、日ごろからの備えが役立ちます。ピオマではそんな大雪対策に役立つグッズもたくさん取り扱っています。気になる方は、ぜひピオマサイトをチェックしてみてくださいね。

おすすめアイテム